中国オフショア開発
ラボ型契約とは

J&Cだからできるトライヤルラボ型契約で安定したオフショア開発運営

『ラボ型・請負型ソフトウェア開発/中国オフショア開発実績』

ラボ型開発契約とは?

ラボ型契約(ラボ型開発)とは、オフショア開発における代表的な契約形態の一つです。オフショア開発とは日本の人件費と比べて比較的低価格で海外に開発リソースを持って開発を進めることができる手法です。そしてオフショア開発の契約形態は大きく請負型契約(請負型開発)とラボ型契約(ラボ型開発)の2つに分かれています。請負型契約(請負型開発)とは、契約で定められた納期・工数に基づいて成果物を納品する契約です。発注時の仕様・要件定義に基づいて開発プロジェクトを進めていくため、発注者は当初の要求事項や仕様書を明確にする必要がありますし、成果物納品検収時にもしっかり確認する必要があります。次に、ラボ契約(ラボ型開発)とは、ある一定期間(通常は半年~1年程度)、海外の優秀なエンジニアを一定数確保してシステム開発プロジェクトを進めることができる契約です(契約形態はどちらかと言えば準委任契約と似ています)。言い換えると、案件の有無に関わらず一定期間自社専属のエンジニアチームを海外に持てる、ということです。請負契約と違い、ラボ契約(ラボ型開発)では仕様が明確に決まっていないシステム開発業務やプロジェクト、アジャイル開発やスクラム開発に向いているということになります。

具体的には以下のようなニーズのある企業がラボ型契約(ラボ型開発)に向いています。

  1. コストをおさえながら一定期間優秀な人材を確保したい(継続的なシステム開発が見込まれている、自社の開発リソースが不足等の場合)
  2. 仕様が明確に決まっていない、あるいは仕様変更が多いことが見込まれる開発プロジェクトをスムーズに進めたい
  3. 業務知識や開発プロセスなどのノウハウを発注先(オフショア先)でも蓄積してもらいながら効率的な開発を行いたい
  4. ビジネスモデルの企画段階から参加しながらモック、プロトタイプをスピード開発、そしてその後本格的な開発へと進めていきたい
  5. 仕様書は後回しにしてアジャイル開発手法で最新技術を取り入れながらチーム開発をしたい
  6. パッケージメーカー様など、機能開発だけでなく、バージョンアップ時のマージ、保守トラブル対応など継続して様々な作業が発生
  7. パッケージメーカー様など、現段階では販売好調であるが、社員を増やすことにはリスクを感じる為、一時的にリソース確保したい

ラボ型契約(ラボ型開発)のデメリット

  1. 契約期間中は作業の空きが出ないように発注者側でコントロールする必要がある。作業空きが発生してもコストが発生する場合あり
  2. マネジメント業務を発注者側がしっかりと行う必要がある。日本側との明確な役割分担と進捗管理が必須

お客様からのよくあるQ&A

継続性があるのか?一過性の案件なのか?稼働後に保守作業などがあるのか?貴社の体制・リソース等によって適切な契約形態は変わります。プロジェクトや開発の概要をお伺いした上で適切な契約形態をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。MAIL FORM

J&Cでは最低6か月から対応可能です。

可能です。ただJ&C中国法人の中国人技術者は日本語が堪能であり、日本滞在経験もあります。J&Cではどちらにしてもプロジェクトの開始当初は必ずに恩人が入りますが、過去及び現在のプロジェクトでは当社中国人技術者と直接進めていく事が習慣となっています。

初めて海外オフショアを利用する、または今まで内製しており、外部に作業を依頼するのが初めての企業様などは、様々な観点でご不安があると思います。契約してからは後戻りもできないなどリスクもあることから、J&Cではトライヤル契約という形式を採用しております。具体的には最初に1か月間のみ作業をお試しで実施することもできるように工夫しております。1か月後に評価、課題を洗い出して、継続するかどうかを見極めることも可能です。

数年前(コロナ禍以前)では日本側にBSEを派遣しているケースが多かったですが、コロナ禍においてBSE無しでのグローバルリモート開発作業が定着しております。Slack、ZOOM、Teams、Baglog、Redmine、Gighubなどを利用する効果によって、BSE常駐型の開発はほぼゼロになりました。

J&C中国事業所では変動型に対応できるように体制を整えております。例:8月は5人月、9月は4人月、10月は8人月、、等。それが可能な理由は当社では日本作業と中国ローカル作業も対応しており、人員に空きが発生した場合には別のプロジェクトにアサインできるように制度を作り上げております。

J&C過去の実績例:開発環境作成2日、既存業務及びシステム習得(自己分析学習)7日、ターゲット開発理解1日 計10日で準備完了して11日目から着手した実績もございます。急なリソース不足でお困りの場合は至急連絡いただければ柔軟対応させていただきます。MAIL FORM

J&Cの取組

お取引企業様約60社、過去に立ち上げたソフトウェア開発プロジェクト数は1000PJを超え、豊富な経験とPJを成功に導くノウハウを蓄積してきました。事業内容の特徴は岡山から中国事業所2か所と連携し確実にリソースを確保します。また契約形態も様々あり、作業工数で清算するラボ型契約、成果物を検収基準として契約する請負契約、またはSESを主体にラボと組み合わせ等、お客様の開発状況に合わせてチームを編成します。

主なオフショア開発実績

  1. 某MDパッケージカスタマイズ開発→設計、実装、テストjava、JS
  2. 某個人事業主様空きスペース予約システム開発→アジャイルjava、Vue
  3. 某SIベンダー様向け原価管理システム開発→スクラム兼請負.Net、Vue
  4. 電子帳簿保存法対応パッケージ開発→スクラムNodeJs、PHP、TypeScript
  5. 某動画パッケージ機能開発→ラボ型(工数毎月変動)スクラムTypeScript
  6. 某流通会社運輸系配送システム開発→仕様書に基づき製造テスト30人月C#、java
  7. 某情報系パッケージWeb電子申請→フレームワーク設計製造テスト60人月C#、JS
  8. 某電力系基幹システム開発→仕様書に基づき製造テスト10人月Java、Vue.js
  9. 某中国エスカレータメーカー販売管理→アジャイル製造テスト10人月C#、Java
  10. 某パッケージOAシステム開発→PF変更UI設計変更製造テスト10人月Java、JS
  11. 某パッケージメーカー電子QA→仕様書に基づき製造テスト、運用検証6人月、C#
  12. 某電力系点検異常インシデント管理→詳細設計製造テスト15人月.Net
  13. 某販売管理パッケージメーカー軽減税率対応開発→.Netb8人月
  14. 某環境系パッケージ→ラボ型常時20名C#要件のみで設計製造単体結合テスト

中国オフショア開発を利用してdx ソフトウェア開発、ウォーターフォール モデル,アジャイル開発,杭州,ai エンジニア