システム開発の失敗
なぜ失敗するのか?
PMさん!大丈夫?
実は最初から分かる失敗プロジェクト
『システム開発の失敗要因その1』

システム開発の失敗には多くの要素があります。

ちょっとしたことでも顧客企業とトラブルになり新聞記事にも載ってしま いますのでプロジェクト責任者は気が気ではありませんね(業務や会社にもよりますが)。それに加えて失敗するとリカバリー するために多大なコスト費用が発生してしまいますし、現場SEもプログラマーも時間外が増えて疲労困憊状態になり、俗にいう 修羅場に陥ります。他人の批判や責任逃れなど行っている場合はではありません。一刻も早く現場を正常化して立て直しが必要 ですが、立て直すつもりが気が付いた時には手遅れになることもあります。火消が終わって正常になっても「こんな現場では二 度と働きたくない!」というIT人材も多く、プロジェクトのクローズミーティングも開催されない、または開催されても当たり 前の反省事項が議事録としてつらつらと残っているだけで、次回には決して生かされません。
極端な事例を冒頭に書きましたが、歴史のあるシステム開発会社であれば大企業も中小企業も関係なく、トラブルの大小も関係 なく経験していると思います。反省事項のレポートを第三者として確認してもあまり意味がなく、トラブルの原因などは表には 出ない内面のどろどろした構造があったりするものです。また失敗事例とかで一度取り上げられると二度と立ち上がれない管理 者もいたり、次のプロジェクトで正常に業務をこなすまでには時間が必要です。これは我々同様IT業界で働く人たちの課題テー マかもしれませんね。技術者のモチベーションも大切な要素ですが、管理するマネージャーの力量や企業の姿勢など人的要因以 外に会社の仕組みの問題もあります。また仕事を依頼する側の発注側顧客企業にも受注側企業の要素と同じぐらい多くの原因要 素があります。それぞれがうまくかみ合わないとちょっとした意識のズレが最終的に大きな問題になるケースも多々あります。
実は小生かれこれ30年以上1000を超えるソフトウエア開発プロジェクトに関わってきましたが、
昔と違って最近では失敗と言われるitプロジェクトは”ゼロ”になりました。ここ5年ぐらいはシステム開発において失敗プ ロジェクトはありません。その成功要因はいろいろあるのですが、最近の技術は簡単にプログラムを製作できることや簡単に 可視化して初期フェーズからユーザ目線でレビューが繰り返されるという面などが大きなストロングポイントだと思われます。
昔と違って最近のシステム開発では失敗しない要素
①安定したパッケージシステムが主流となり、スクラッチ開発が少ない。※リスクが少ない。
②販売、財務、会計、給与、人事、生産管理など一般的な業務は標準化されクラウドサービスを利用するケースが多い。
③ITコンサルタントなどの活躍。※ITシステム導入前に開発システムの目的、現状課題など内容を整理するケースが多い。
④IT化やDX化は企業にとって重要なんだという意識が経営者に埋め込まれた。※経営者が自らコミットするケースも多い。
⑤IT化やシステム構築で企業内課題をなんでも解決できるという考えがなくなった。※システムは経営を支援する単なるツール。
⑥営業対応見積もり段階で精度の高い可視化が可能になった。※モックなど事前確認して差異が生じない工夫。
⑦全体的な日本国内のITリテラシー向上。※まだまだ諸外国と比べると遅れていますが。
⑧ハードウエア資源の性能向上。※処理スピードなどは以前と比べ物にならないほど速い。
⑨便利で安価な進捗管理ツールが多く顧客企業と情報共有が密にできる。
⑩ソフトウエア開発ツールや技術が格段に進歩。
がしかし、それでも”失敗しそうな”予感のするプロジェクトはあります。
そしてそのプロジェクトにアドバイスを入れるポイントは初期段階で具体的な行動をしなければなりません。
ではどんな要因でプロジェクトが失敗するのでしょうか?
①リーダーが多忙(複数PJ掛け持ち、実際にコードも書いている。プロジェクト管理能力の問題など)
②体制に問題あり(メンバスキル不足、教育担当無し)
③要求事項があいまい(要件定義決議以降も仕様がころころ変わる。要望をそのまま実現しようとする。)
④スケジュールが厳しい(納期が短いのに対策していない)
⑤QA対応時に返答スピードが遅い(作業遅延の最大の理由)
⑥新規業務、新技術、経験不足(初物なのに分析時間も無い)
⑦機能単位でテスト項目が不足(テストデータ不足、モーラ率が低い)
⑧仕様決定関係者が多すぎる(無責任なたらい回し)
⑨プロセスに拘り過ぎで資料作りと稟議が多すぎる(無理無駄多い)
⑩キックオフをしてくれない(忙しいのはわかりますがNG)
⑪打合せ中に過去の失敗を責める上から目線上司の存在!
⑫メンバーのモチベーションが低い(様々な理由でしょうけど)
⑬無責任なPM(そもそもPMを担当してはダメでしょ)
⑭自分の失敗を他人に押し付けるメンバーの存在
⑮顧客側とのコミュニケーションが少ない(机上はやめましょう)
⑯契約時点で作成する成果物の確認不足(INとAUTO)の確認不足(最終フェーズで失敗)

いかがでしたでしょうか?いろいろありますが情報共有をするだけでも違うんですよね。コロナ禍でFACEtoFACEができない分、便利なチャットツールやオンライン打合せなどが当たり前の時代になって、逆に改善された面もありますね。いろいろお悩みのベンダー様、システム導入検討中の企業様のご相談に少しでもお役に立ちましたでしょうか?次回は成功要因をコラムします!

中国オフショア開発を利用してdx ソフトウェア開発、ウォーターフォール モデル,アジャイル開発,杭州,ai エンジニア