システム開発
成功と失敗要因
プロジェクト
ソフトウエア開発プロジェクトの成功と失敗

『システム開発プロジェクト成功の要因その2』

多くのソフトウエア開発プロジェクトに関わっていると楽しいです。小生かれこれ30年以上1000を超える数になりました。そしてここ5年ぐらいは失敗プロジェクトはありません。4月に発信した「システム開発プロジェクト成功の要因その1」ではプロジェクトが失敗する要因について書きましたが、今回は成功要因をお伝えしたいと思います!

プロジェクト成功要因

①リーダーが専念(PJ掛け持ちしていない)
②体制に問題なし(メンバスキル不足があっても教育担当有)
③要求事項が明確(仕様がある程度固まっている)
④スケジュールの標準化(納期に無理はなし)
⑤QAの返答スピードが速い(作業ロスが無し)
⑥新規業務、新技術、経験不足でも分析時間がある
⑦テスト項目が計画されている(新規業務ならモーラ率大)
⑧仕様決定関係者が1名(無責任なたらい回し無し)
⑨プロセスに縛りが無く生産性を重視(効率化)
⑩キックオフを開催(モチベーションアップ)
⑪打合せ中の冒頭にあいさつから始まる
⑫メンバーのモチベーションが高い(目標が明確)
⑬責任感のあるPM(メンバーへの配慮が充実)
⑭他人のミスをお互いにカバーするチーム意識
⑮顧客側とのコミュニケーションが多い(FACE to FACE)
⑯成果物が明確化されている(途中で変更されても問題なし)

いかがでしたでしょうか?いろいろありますが上記全てがそろっていることなんてめったにありませんよね!一番重要な事は「何をつくるのか」「いつまでに制作するのか}をお客様も含めて全員が共有できていることです。またシステム規模、利用技術によってそのプロジェクトのメンバーを選定して機動力の高いチーム(コミュニケーション能力が重要)を編成することも重要です。オフショア開発において当社はお客様に合わせた技術者をアサインします。詳細はお問合せ下さい。

中国オフショア開発を利用してdx ソフトウェア開発、ウォーターフォール モデル,アジャイル開発,杭州,ai エンジニア